【コラム】iPhoneのバッテリー交換、やるなら今でしょ!! ほかリチウムイオン電池の話

iPhoneのバッテリー無償交換は今年末まで!

iPhoneユーザには有名な話かと思っていましたが、意外とご存じない方が多いようでしたので、参考まで。

この話はもともと昨年のiOSバージョンアップの際に、劣化したバッテリーの事故防止のため?に、Appleが意図的にiPhoneの速度を落とす(=消費電力を減らす)ようにしたことが発端となっています。
これがAppleの想定以上に大騒ぎとなり、結局バッテリーの交換料金を期間限定で無料または大幅割引で対応する、ということになり、その期間が今年の末までとなっています。

一応配送か持込かが選べるのですが、さすがに1週間ほどiPhoneが手元にないと困ると思いますので、実際は予約の上持込される方がほとんどなのではないかという気がします。

金額や詳細、申込については下記アップル社のウェブサイトからどうぞ。

 

バッテリーが劣化したり、衝撃を受けるとどうなる?

バッテリーの使用・経年による劣化はいろんな形で影響します。

リチウムイオン電池はおおよそ満充電~放電のサイクルが300~500回程度と言われていまして、毎日1回空にして充電する、を繰り返すと2年持たないという計算になります。

また、旧型のリチウムイオン電池は電解質が現在主流のゲル状ではなく液体のため、電解質がガス化するなどして膨らむことがあります。古いガラケーや初期のスマートフォン、iPhoneの裏ブタが膨らんだ、なんて話はこれが原因です。

その他、強い衝撃を受けたり内部でショートしたり、過充電などで最悪の場合発火したり爆発したり、ということがいくつも起きています。
飛行機のボーイング787就航当初に煙が出て大騒ぎとなったり、飛行機から締め出されたGalaxy Note7の一件も覚えている方もいらっしゃるでしょう。どちらもバッテリーから発火したものです。

 

富士通のノートパソコンの方は気を付けて!

そんなリチウムイオン電池の話、最近になって富士通のノートパソコンでも話題になりました。
こちらも発火の恐れがあるとのことで、新聞広告まで出し、Windows Updateでバッテリーの満タン容量を減らす、ということになっています。この件はすでに画面を見た知人から何件かお尋ねいただきました。

とはいえ、中にはもうすぐWindows7のサポート終了にかかるものもありますので、長くお使いの機種についてはこの際買い替えも検討されてみてはいかがでしょうか?

以上長くなりましたが、リチウムイオン電池にまつわるあれこれでした。

 

ご覧いただきありがとうございました

★このページが役にたった!という方は、ぜひシェアをお願いします。
また、その他インターネット・ケーブルテレビ等に関する疑問があればこちらのページよりお送りください。私でわかる範囲であればお答えいたします。

catvfaq has written 100 記事