なぜ、ケーブルテレビなのですか?

私が今利用しているケーブルテレビ会社とお付き合いしたきっかけは、ADSLの遅さに嫌気が差したからです。

ちょっと昔話をさせて頂くと、もう何年も前の話ですが、その頃はまだ光回線もなく、ダイヤルアップ→ADSLときたら、残りの選択肢はケーブルテレビしかなかったのですね。

都会にいらっしゃる方にはわからない苦労かもしれませんが、ほんの何年か前まで、同じ自治体の中でもADSLどころかISDNしか使えない、なんて地区だってあったのです。しかも、オフトーク通信があったからか、それとISDNの交換機?のせいで、ADSLがひけない、とか。

そんな田舎でも高速インターネットができる!という触れ込みで、ケーブルテレビがサービス開始したものですから、これしかない!と思って飛びついたのです。

周りで光に乗り換える方が時々おられる中で、私が今でもお付き合いさせていただいているのには理由があります。

  1. サポート電話がつながりやすい
    これが一番かも知れません。ADSLのときのY社ときたら、サポートに電話をかけても1を押せとか2を押せとか(他の多くの会社もそうみたいですが)、とにかくオペレータにつながって用件を伝えるまでの待ち時間が長すぎていらいらします。その点、今入っているケーブルテレビ会社の場合、かかったらすぐオペレータにつながるのでストレスが少ないですね。
  2. いざとなったら訪問してくれる
    私の場合、たいていは電話でも事足りるのですが、あるとき機器が故障してしまったことがあって(最終的に来てもらって判明したのですが)、電話ではどうしても解決できなかったことがありました。幸いにしてその日のうちに担当の方が訪問してくださって、症状の確認、切り分けの末、レンタルのモデムが故障していたということがわかり、すぐ交換してもらえました。土日が休みなのは痛いですが、基本的にはおおむね満足ですね。
  3. スタッフが親切
    運がいいだけなのかもしれませんが、これまで対応してくださったスタッフの方の感じが非常によろしい。電話に出る方も訪問でこられる方も、基本的に「良い人」で、雰囲気からもにじみ出ている感じがします。困っているときには親切にしてくださるので、私だけでなく家族にも評判が良いです。周囲の友人知人に聞いてみてもおおむね評判は良いみたいです。

まるでサクラみたいなほめ言葉ですが、正直な実感です。

ただ、いいことばかりでもなく、もうちょっと頑張ってほしい、というところも少なからずあります。

例えば料金面。光が値下げして安くなったからということもありますが、高速通信をしたい人にはちょっと割高かも。ただし速度が遅くて安いコースもいくつかあるので、あまり使わない人とか初心者にはいいのかもしれません。ま、サポート代が含まれてると思えばいいのでしょうが。

あと、電話サポートは土曜もつながるのですが、日曜祝日のサポートがないのがちょっとつらい。私もサラリーマンの端くれなので、主に使うのが夜間とか週末が多く、そこでトラぶった場合は翌営業日を待って家族に任せるしかありません。もうちょっと営業時間が長くなるか日曜もあけてくれるといいんですけどね。

ケーブルテレビも全国に数百?社あるらしいので、皆さんのお住まいのところがどうかは何ともわかりませんが、私がお世話になっているところはこんな感じです。ご参考まで。

catvfaq has written 99 記事