Windows10のアップグレードをさせないようにしたい。

前回の記事の続きです。

Windows10のアップグレードをしたいけど、パソコンのスペック上できない。だからほったらかしていたのに、ある日電源を入れたら突然Windows10にアップグレードされてしまった。あるいはされようとしてしまった。という方が増えています。おそらく7月29日の終了までにはまだまだ増えるでしょう。

で、Windows10にしないようにする方法。

まず、アップグレードが予約されてしまっている場合。まず先にアップグレードの予約をキャンセルする必要があります。マイクロソフト社の公式にはこちらの方法が紹介されています。

アップグレードが無事に取り消されている場合、今後アップグレードされないようにする必要があります。これについては、マイクロソフト社が公式に発表しているのは以下の方法です。

が、さすがにこれはちょっとわかりにくいんじゃないかと。MS-DOSやコマンドプロンプトを触ったことがある、なんて方なら良いのでしょうけど。パソコン付属のアプリ・ソフトしか触ったことがないような方にはこれは難しいんじゃないでしょうか?

パソコンメーカーさんのページを調べてみました。メーカーさんによってはアップグレードをとめるプログラムを配布しているところもあるようです。

こう考えると、エプソンさん案外優秀。個人的に見直しました。
さて、もっとビジュアル的にわかりやすい方法はないものか?と思っていたところ、便利なソフトを作られた方がいらっしゃいました。よく見ると昨年の7月にはもう発表されていたんですね。さすがです。

私のパソコンはすでにWindows10にしてしまったので検証はしていませんが、説明ページのコメントにはこれでとまったという喜びの声が多数上がっているようです。

お困りの方は、自己責任ではありますが選択肢の一つとしていかがでしょうか。

catvfaq has written 103 記事