Internet Explorer の古いバージョン(IE10以前)で、ホームページが見られないのですが、なぜでしょうか?

ついに Windows Vista のサポートが終了しました

以前こちらのページでも書きましたが、関連するのでここでも書いておきます。(しれっと、この話が本題の前段になってます…)

2017/4/11でWindows Vistaのサポートが終了し、今後は不具合等への対応が行われなくなります。セキュリティ上危険になりますので、できるだけ早い移行をお勧めします。

 

Internet Explorer にもサポート期限があります

実は、主要なウェブブラウザであるInternet Explorer(IE)にもサポート期限があります。

Windows7までは、OSとインストールできるIEは1対1ではなく、ある程度新しいIEをインストールできました(VistaはIE9まで、7はIE11まで可能)。

ところが、2014/8月にIEのサポートポリシーが変更され、2016/1/13以降、最新のIE以外はサポートされないことになってしまいました。

ちなみに、Windows8はIE10しかインストールできませんが、Windows8.1にアップグレードしていないWindows8も同じ日(2016/1/13)にサポート終了を迎えました。今後Windows8自体のサポートもされませんので、お早めにWindows8.1にアップグレードされることをお勧めします。

一般向けWindowsの場合、もっとも古いWindows VistaのみIE9が最新のためIE9がサポート対象、それ以外のWindows 7/8.1/10はIE11がサポート対象ということになったわけです。
※もっとも、Windows10ではIEではなくMicrosoft Edgeを使うことが推奨されていますが…

そして、Windows Vistaのサポートが終わった今、いよいよサポート対象のIEはIE11のみ、という状態になったのです。

 

それとホームページが見られないのと何の関係が?

これまで、ウェブサイトを作る側からすれば、多くのブラウザで見られるようにするための苦労が絶えませんでした。

ブラウザのバージョンが新しくなり、進んだ技術を活用して多彩な表現方法が使えるようになったはずなのですが…
古いブラウザを使っているユーザーが多い状態では、それを使いたくても使ったら多くの人が見られないので使えない、というジレンマがありました。

結局、多くのブラウザで見られるようにするため、古いブラウザと新しいブラウザで違うものを見せたり、プラグインで違いを吸収したり、それはまぁ大変だったようです。

IEやEdge以外にも、ChromeやFirefox、Operaなど多くのブラウザがある中で、いくらシェアが多いとはいえ、IEの複数のバージョンに対応するためにそこまで手をかけるのは、みんな嫌気がさしていたのですね。

そこにきてIEがいよいよ1種類だけ対応すればよい、という状態になりましたので、古いIEで見られるための設定を外したサイトもあるようです。
そのようなサイトに行くとページが表示されない、表示されたとしてもレイアウトが崩れる、という状態になる可能性があります。

 

原因と影響はほかにも…

古いブラウザで見られなくなった、という原因と影響はまだほかにもあります。

以前お知らせでもご案内した「常時SSL化」もその一つです。

googleがHTTPS以外のページの順位を下げるようになる、という話から、多くのサイトで常時SSL化、つまり全てのページを暗号化して転送する(もちろん画面表示への影響はありません)、という流れになっています。

ところが、古いIEではその暗号化の種類への対応プロトコルが少ないこと、また暗号化の方法がセキュリティ上の問題で途中で世界的に変更されたこともあり、そのままでは表示できないという問題が発生しました。

 

で、結局どうすればよいの?

まず、すでにサポート終了したOS(Windows XP/Vista/8など)については、早急にアップグレードもしくはパソコンの買い替えをされることをお勧めします。サポートが切れた状態で使うのは大変危険です。

また、IE11やEdgeが使いづらい、ということであれば、他のブラウザを試すというのも一つの手です。IEやEdgeと違い、Windows以外のOSでも同じブラウザが提供されていることが多く、パソコンが違っても同じ操作性で使えるのはメリットではないでしょうか。

代表的なブラウザは以下のようなものです。

FirefoxやChromeはそれぞれをベースにした派生版もあったり、プラグインなどで機能を追加したり、見た目を変更したりできるものもあります。
この際、あなた好みのブラウザに仕上げるのも悪くないかもしれませんね。

 

ご覧いただきありがとうございました

★このページが役にたった!という方は、ぜひシェアをお願いします。
また、その他インターネット・ケーブルテレビ等に関する疑問があればこちらのページよりお送りください。私でわかる範囲であればお答えいたします。

catvfaq has written 99 記事