BS・110度CSの有料チャンネルを契約する際に気を付けるべきこととは?

見るだけ?録画したい?

WOWOWやスターチャンネルなど、有料チャンネルの特色といえばやはり地上波では放送されないような優良コンテンツが見られる、あるいはいち早く見られるといった点でしょう。

映画、ドラマ、音楽、スポーツなどさまざまありますが、皆さんはそれらの番組をどうしたいですか?

例えばスポーツの生中継であれば、その場で見られればそれでよい、という考え方もあるかもしれません。

しかし、珍しい映画などは録画しておいて何回も見たい、なんてこともあるのではないでしょうか?

この「見るだけ」「録画したい」が意外と重要だったりします。

 

カギとなるのはB-CASカード

ちなみに、スカパー!プレミアムサービス(135度CS)でしか見られない番組・チャンネルであれば、そもそも専用チューナーでないと見ることができないので迷うことはないと思います。

問題なのは、BS・110度CSで放送されている番組・チャンネルです。

まず簡単な例ですが、ケーブルテレビの多チャンネルチューナー(デジタルSTB)経由で視聴している場合。

この場合は、デジタルSTBを経由しないとそもそも映らない(録画もできない)ため、必然的にB-CASカードはデジタルSTBに挿してあるものを利用することになります。よって、B-CASカード番号を聞かれた場合は、デジタルSTBのオレンジ色B-CASカードの番号を伝えてください。

なお録画する際はLAN録画が現実的かと思います。

 

パラボラアンテナの場合

迷うのはパラボラアンテナで視聴する場合です。

パラボラアンテナからの配線は通常、レコーダーのBS・110度CSアンテナ端子を経由してテレビの同アンテナ端子に入力されます。よって、レコーダーとテレビの両方にBS・110度CSの信号が届くことになります。この場合B-CASカードはレコーダーとテレビに別々のカードが入っており、それぞれが独立して動いています。この状態では、無料放送のチャンネルであれば、レコーダー・テレビのどちらでBS・110度CSチャンネルを選んでも、両方で視聴(あるいは録画)が可能となります。

ところが有料放送の場合はこの「独立して動いている」がネックとなります。

有料チャンネルの場合、B-CASカード1枚につき1契約となっています。何も嫌がらせなのではなく、契約を管理する単位がB-CASカード以外にないため、こうするしかないのです。

となると、レコーダーとテレビに別々のB-CASカードが入っている場合、たとえ同じ部屋に取り付けてあっても、あくまでも違う契約としか扱うことができません。

(例) レコーダーでWOWOWの映画を録画しながらテレビでWOWOWのスポーツ番組を見たい、といった場合、レコーダーとテレビの2契約を行う必要があります。ただし単純に金額が2倍になるわけではなく、2契約目以降は1契約当たり900円(税別)となります。

とはいえ、たとえ900円でも安くあげたいということであれば、どちらか1契約で済ませなければなりません。

またチャンネルによっては複数割引がない可能性があります。

実際はやはり「録画したい」という方が多いと思いますので、同時に録画・視聴をしないことを前提にして、レコーダーのB-CASカードに対して契約を行うのが一番安上がりでよろしいのではないか、と思います。

 

B-CASカードの番号はどこにある?

さてその肝心なB-CASカードの番号はどうやって見つければよいのでしょう?

別記事にまとめておきましたので参考にご覧ください。

 

 

ご覧いただきありがとうございました

★このページが役にたった!という方は、ぜひシェアをお願いします。
また、その他インターネット・ケーブルテレビ等に関する疑問があればこちらのページよりお送りください。私でわかる範囲であればお答えいたします。

catvfaq has written 95 記事