【注意喚起】Logitec社のルータが乗っ取られ、大量に不正な通信をされていた話(事例紹介)

警告メールが来ました!

今回は、「WiFiルータのファームウェアを更新しないとどうなるか」という事例です。

この方は、ずいぶん前にLogitec社の無線LAN(WiFi)ルータを購入し、ファームウェアのアップデートなどは全く行わず、買ったときのままの状態で使っていたようです。

そんな彼にある日、警告のメールが届きました。

内容は、彼の家からいろんなところに不正アクセスの通信が行われていて、海外から英語で警告のメールが届いた、とのこと。

彼自身には全く身に覚えがなく、パソコンの知識もあまりなかったことから、私にヘルプ要請がありました。

早速訪問してみたところ、確かにWiFiにつながる機器を全て切っても、やたらケーブルモデムが通信を行っている様子(モデムLAN側のランプが点滅するのでわかります)。

 

公的機関より告知も出ています

実はこの件、11月ごろから被害が急増しているようです。

そのため、12/19に警察庁といった国の機関をはじめ、各団体より告知が出ています。代表として警察庁へのリンクを張っておきますので、参考になさってください。

またルータの販売元であるロジテック社からも再度の告知が出ています。

今後年末年始にかけてさらに被害の拡大も予想されますので、該当される可能性がある方は、早急な確認をお勧めします。

 

ファームウェアを更新してみました

早速ルータの本体を調べたところ、彼の持っていたルータの型番はLAN-W300N/DRで、シリアルナンバーの末尾に「B」の文字がありました。

ブラウザを開きルータの設定画面を確認したところ、このルータのファームウェアはバージョン2.08でした。

型番をもとに、Logitec社のウェブサイトから型番を検索します。

ファームウェアの欄をクリックします。

最新バージョンは2.14のようです。一番下にあるexeファイルをクリックします。

ダウンロード確認の画面が出ますので、一番下の「許諾書に同意してダウンロードする」のバナーをクリックします。

ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックします。インストーラーが動き出しますので、「インストール」ボタンをクリックします。

解凍が終了したら、インストーラーの次の画面が表示されます。バージョンを確認して「OK」ボタンをクリックします。
※以降は画面をスマホ撮影したものを使用しています。見づらくて申し訳ございません。

再度確認の画面が出てきます。現在のバージョンと新しいバージョンを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

アップデートが終わるまでしばらく待ちましょう。

終了した旨の画面が出ますので、「OK」ボタンをクリックします。

更新された内容が表示されます。意味が分からない方はそのまま右上の「×」印をクリックして閉じていただいてもかまいません。

これで作業自体は完了ですが、念のためルータの設定画面を再度開き、バージョンが本当に新しくなったかどうかを確認してみました。

ちゃんと更新されているようです。

これで一安心…と言いたいところですが、このルータも既に修理対応期間が終了しており、ファームウェアもここ何年か更新されていません。次に何かあった場合は買い替えを考えたほうが良いでしょうね、とアドバイスしておきました。

 

パスワードも変更しておきましょう

この問題と直接の関係はありませんが、ルータつながりでもう一つ注意喚起です。

スマホなどを乗っ取られたあとに、ルータの設定画面に入り込まれて乗っ取られる、といった事例もあります。この際、ルータの設定画面に入るためのパスワードが工場出荷時のままだと、これまた乗っ取られる原因になります。

以下の記事に解説を載せていますので、こちらも同時の対策をお勧めします。

 

 

ご覧いただきありがとうございました

★このページが役にたった!という方は、ぜひシェアをお願いします。
また、その他インターネット・ケーブルテレビ等に関する疑問があればこちらのページよりお送りください。私でわかる範囲であればお答えいたします。

catvfaq has written 95 記事